So-net無料ブログ作成
検索選択

虐待の家/「鬼母」と呼ばれた女たち/佐藤万作子 [本]

いまだに多くのメディアは、子を持つ女性たちに、自分を捨てて子どもに奉仕する「よき母親像」を巧妙に押し付け、「よいお母さんにならなきゃ、女失格だよ」と思い込ませる役目を果たしている。彼女にとって、「よい母親」になることは必然的目標だった。

続きを読む


キリスト教入門/矢内原忠雄 [本]

もしも、キリスト教を信ずるためには、一とおり他の宗教も研究してからということであれば、たとえば仏教を研究するだけでも一生かかるであろう。いわんや、研究だけでは仏教もわからない。仏教も一つの宗教である以上、仏教を信仰しなくては、仏教はわからないであろう。各宗教を比較研究した上で、自分の宗教を選定するという態度は、信仰の本質に対する全然の誤解であって、今苦しんでいる人をただちに助ける力でなければ、信仰とは言えないのである。
こういうわけで、どの宗教を自分の宗教として選ぶかという問題は、実は、自分がどの宗教によって選ばれるかという問題である。自分がキリスト教を信ずるのは、広く他の宗教を研究して、比較した上のことではない。ただ自分がキリスト教の前につれて来られて、その真理を示され、キリストに対する愛を呼び起こされて、それを信じたのである。信仰的に言えば、神の恩恵によるのである。(p41-42)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

もしかすると、この時のため/際に立つエステルとその勇気/遠藤嘉信 [本]

信仰というのはトンネルの先に明かりが見えている中での余裕やゆとりから来るものではなく、やみの中で、もがきながらも、見えない神の臨在とその慈愛に満ちた働きを信じることです。そして、用いられるかどうかわからないにしても、主の御用のためにその時その時、勇気をもって自分自身を差し出していくことではないでしょうか。(p66)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

妻と最期の十日間/桜井和馬 [本]

「闇」の領域に足を踏み入れている彼ら宗教関係者は、服装こそ違うが、どちらも同じように『澄みきった」きれい過ぎる目をしていた。迷いなきその眼差しに、私の背筋は凍った。双方とも、敵を殲滅することに、砂一粒の躊躇も感じていなかったからである。(p193)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

風をつかまえた少年/14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった [本]

風をつかまえた少年/14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった/ウィリアム・カムクワンバ/ブライアン・ミーラー/田口俊樹

もし飛べないなら、走りなさい。走れないなら、歩きなさい。歩けないなら、這っていきなさい。(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)(p368)

重要政策は三つある。それは、教育、教育、教育だ(ブレア首相/イギリス)(p379)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

そうか、もう君はいないのか/城山三郎/新潮社 [本]

もちろん、容子の死を受け入れるしかない、とは思うものの、彼女はもういないのかと、ときおり不思議な気分に襲われる。容子がいなくなってしまった状態に、私はうまく慣れることができない。ふと、容子に話しかけようとして、われに返り、「そうか、もう君はいないのか」と、なおも容子に話しかけようとする。(p133-134)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「もう、ひとりにさせない」 出版記念講演会 [本]

奥田知志師 2011年5月27日 於) 恵泉バプテスト教会
震災の惨状を見て、「神も仏もあるものか」と多くの方が思うだろう。
他の宗教は信仰によって苦難が除去できると教える
キリストは、「十字架は神に捨てられたキリストの姿」であり、苦しまれる神だけが私たちを助ける。
苦難のなかにあって、キリストとともに生きる
震災以来、『絆』がもてはやされている。絆(きずな)には『傷』が伴う。
傷のない、安全・安心な絆はない。他人を自己責任として切り捨てるところに『絆』はない。
人がひとりで生きるのを支える。1人で生きられるように支えるのが絆。
逆に、情や依存関係、みんなでガンバロウを絆とはき違えている。
マルコによる福音書 8章22-26節から
イエスさまは盲人を村の外に連れて行かれた。直った盲人に、彼を家に帰し、村に帰って行かないように、と言われた。
盲人の家は村にある。村は元の社会を示し、新しい生活に入るよう命じている。
クリスチャンの復興支援は、元の社会を再興するものであってはならない。

続きを読む


緒方貞子-難民支援の現場から/東野真 [本]

緒方さんはすべての幹部の意見を辛抱強く聞いていました。あえて原則を踏み越えるべきだという意見もありましたが、もしそれをやったら非常に危険な前例になると助言する者もいました。2,3時間聞いていたでしょうか。緒方さんが最後に決断してこう言いました。『私はやることに決めました。彼らが国境を越えようと越えまいと、UNHCRは被害者とともに、そして被害者の傍らにいるべきなのです』。これは緒方さんの大きな決断だと思います。(p41)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ユニセフ最前線/井上和雄 [本]

世の中で、人々が絶対にできないと言うことを実現してみせることほど、愉快なことはないよ。(p125) ジェームスグラント

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

らいふ/東ちづる [本]

ある時、男友達のパートナーの女性が、自分の名前で呼ばれて「名前を知ってもらったの久しぶりです。いつも、奥さんとか、○○くんのママですから」って、嬉しそうにされたことがありました。名前は人格と直結しています。なにしろ名前や愛称で呼ばれなくなると、アイデンティティクライシス(自己認識の危機)に陥ることもあるといいますから。だって名前には、愛情がこもってますもの。(p174)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。