So-net無料ブログ作成
検索選択
横浜教科書 ブログトップ
前の10件 | -

言論と人権への迫害 / 組合活動を制限する意見書 / 横浜市議会 [横浜教科書]

10月26日に、横浜市議会で、「公立義務教育諸学校に勤務する教育公務員の行為の制限に関する意見書」が審議されます。
市議団に意見を送付しました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「従来通り区ごと」県教委に要望書/毎日新聞2010.10.12 [横浜教科書]

横浜市教科書採択区域を従来(2009年までの)18地区に戻すよう、10,601人の署名を添えて提出。
横浜市教育委員会は、国の方針(採択地域を細かくする)に反して 18 → 1区 に変更し、県教委に申請しました。
県教委は論議の末に認めた経緯があります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

自由社版教科書で請願 / 神奈川新聞 2010.9.21 [横浜教科書]

私も、中学校の頃に訂正を配られて記入した記憶があります。
写真の裏焼きってどうやって訂正するのでしょうね。
『反対です』では洒落にもならない。やる気あるのか(子ども教育を考えていないことだけは確か)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

『自由社版歴史教科書の訂正版の配布要求』 請願を提出 / 朝日新聞 2010.9.21(横浜版) [横浜教科書]

誤記が沢山(10点以上も)残っている教科書子どもに使わせて、修正も再発行もしない。
何より採択した教育委員が、出版社に修正要求をしない。
間違いは誰にでもある。それに頬かむりする根性が、さすがは似非右翼。子どもを教える気もないし、資格はない。

キトラ古墳の写真の裏焼きは、北斗七星が左右反対なんです。横浜は星が見えずらいとはいえ、冬にはオリオンと北斗七星位は見えます。北斗七星から北極星を探すのも基本の基。その写真が裏焼き。
私も、違和感はあったんですが。。。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キトラ壁画のあれれ/AERA 2010.8.9 [横浜教科書]

横浜市の中学校歴史教科書に関するAERAの記事です。
写真の裏刷りって初めて聞きました。
考古学とか、見解とか学説とかいう学問の世界のことではない。
単に安くて雑な本を作っただけのこと。
教育に自由競争を導入するとこうなるのです。子どもの権利を使って商売しているだけのこと。

聖書に次の言葉があります。
また、知性が腐ってしまって真理を失った人々、すなわち敬虔を利得の手段と考えている人たちの間には、絶え間のない紛争が生じるのです。(テモテⅠ 6:5)
敬虔→子どもの権利 と置き換えると彼らにぴったりです。

続きを読む


欠陥教科書の使用義務を騒ぎ立てる産経/週刊金曜日 2010.7.23 [横浜教科書]

横浜市中学校歴史教科書に関する週刊金曜日の記事です。
自分の主張に都合の良いところだけ摘み、うそで隙間を埋める新聞ってなんでしょう。

続きを読む


神奈川県教育委員会は、個人情報審査会の答申を尊重し、日の丸・君が代の強制をやめよ [横浜教科書]

教育委員会は国民に対して直接に責任を負うのです。
子供の教育の場、教育の機会を保証するのが責務であって、子供を、学校を支配し、自分好みの子供を飼育する権限を付託されてはいない。
個人の自由、個人の思想信条の自由を否定する行為、増して公金横領など。
法の下に戻りなさい。神は必ず裁かれます。

答申無視浮き彫り/「つくる会」教科書採択 / 神奈川新聞 2009.10.21 [横浜教科書]

責任という言葉を知らないのでしょうか。教育委員は。
無記名投票ですって。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

横浜の教科書採択18区統合 「どうしても必要か」県教委で議論続出 / 神奈川新聞 2009.10.16 [横浜教科書]

政府の方針にも反する。
教師が使う教科書を教師に選ばせない。
地域性を無視する。
腑に落ちない。
自由社版の歴史教科書どうしても使わせたい。中身も意見も子どもも関係ない。と言っている。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

横浜市教育委員会さま/神道教科書は信教の自由を侵害する。 [横浜教科書]

私はクリスチャンですから、神道に偏向した教科書を用いての「公教育」と称する教育を認められません。
憲法の、いや市民が国家の主権者である国にとって歴史の英知は「政教分離」です。20世紀までの苦い悲惨な戦争の歴史から学んだ知恵であることは、良くご存知のことと思います。
国家が特定の宗教を義務教育として行うのなら、神を信じるものとして、『我が子をその授業に出席させない』が答えです。
2009.7.8郵送

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | - 横浜教科書 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。